元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

階段をバリアフリーにリフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


階段はもっとも危険な転落事故が多発しやすい
一般的な家庭から公共の施設まで、世の中のあらゆる建物に必ずと言って良い程存在している「階段」は、たくさんの人々が移動の際によく使っている一種の「通路」です。
しかしその一方で、この「階段」ではある事故がよく多発しており、かなり気を付けなければならない場所でもあります。
そのある事故とは、ずばり「階段から足を滑らせる事による転落事故」で、下手をすると命にも関わる程危険なのです。
普通の転落とは違って、階段からの転落は高い所からの落下なので衝撃も強く、打ちどころが悪いと本当に命を失うケースもあります。
特に歳を取った事で身体能力が低下している高齢者や、身体に障害を持っていたりする人にとっては、普通の人よりもさらに転落の危険性が高くなってしまうのです。
では一体どうすればこの危険を回避する事が出来るのかについて、これから説明をしようと思います。

階段をバリアフリーにリフォームする事について
どの建物の階段でも有り得る転落事故の危険を回避する為には、階段をバリアフリーにリフォームして危険を減らすのが有効な方法です。
具体的に言うと、階段そのものをバリアフリー仕様の緩やかな物へと変える事で、転落の危険を少なくしていくという方法のリフォームを行います。
段差を出来るだけ小さくしたり、一段当たりの踏み面を広くしたり、階段の角度を緩やかにしたりする事で危険は大きく減るのです。
もちろん、転落しそうになっても掴まって転落を防げるように手すりを付ける事や、夜階段が見えなくなったりしないように足元に照明を設置する事も重要になります。

この記事のまとめ
このように階段という場所は、建物内で一番転落事故に気を付けなければならない場所であり、故にバリアフリー化のポイントも「いかに転落の危険を減らせるか」が重要になってくるのです。
皆さんも自分の家の階段の状態をよく見て、必要であれば今すぐバリアフリー化の為のリフォームを行う事をおススメします。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ