元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

車椅子用にリフォームする

人気ランキングはこちら≫≫≫


バリアフリーリフォームで自立した生活を
年を取ってくると体の自由がだんだん利かなくなってきます。動きも遅くにぶくなり、咄嗟のアクシデントに体が対応できず骨折などの怪我をして、それがきっかけで車椅子の生活になってしまうこともあります。
高齢化社会が進み、現在住んでいる家で、体が不自由なために自立した生活を送るのが困難になってくると、家を改修して、その人にあった間取りに変え、手すりなどの機能を付け加える必要が出てきます。日本では、要介護、要支援の認定を受けていれば、介護保険から最高20万円までのリフォーム工事費用が援助される仕組みがあります。
この「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用して、出来るだけ自立した生活を送れるよう、バリアフリーリフォームは計画をきちんと立てて進めましょう。

車椅子用のリフォーム
足が不自由になると歩行がしづらく杖や歩行器の力を借りるようになります。これらの補助器具は転倒すると骨折する危険があるため、家をリフォームして車椅子に乗りながら生活出来る様に間取りを変更する人が増えてきました。
杖や歩行器だと、介護者が常に見守る必要がありますが、車椅子を使って移動し生活が出来るならその必要も軽減されるし、車椅子利用者も精神的に自立した生活が送れます。

工事のポイント
車椅子用に自宅をリフォームする場合のポイントは、車椅子が通行しやすいスペースを確保することです。
部屋への出入りの扉は、引き戸にしておくと通行に便利です。
部屋と部屋の間に生じる段差をなくすようにします。
トイレは、出入り口を広めに取りトイレの外と内側につかまり立ち出来る手すりを設置します。
2階建ての家なら、1階だけで生活が出来る様に台所やトイレ、風呂、寝室を集めて移動が少なくなるような工夫をします。
このような工事は、手すりが、多ければ多いほどよいというものではありません。
生活動線上で、手すりが必要となる場所は玄関や浴室、トイレなど決まってくることが多いので、車椅子の生活をイメージしながら、リフォーム計画を立てます。
出来れば、すでにリフォームをした人から話を聞くのもいいですし、その家を見せてもらって話を聞くと、よりわかりやすくなります。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ