元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

車椅子生活に適した床材

人気ランキングはこちら≫≫≫


車椅子生活に合わせたバリアフリーリフォームとは
バリアフリーリフォームは、介護保険や自治体からの助成金を利用することで以前よりもやり易くなってきました。
大規模な改築でも確定申告をすることで減税処置を受けることが出来る様になっています。
しかし、このようなサポートを受けられるようになっても、バリアフリーリフォームは規模が大きくなればなるほどその費用は依然として高い工事であることに変わりはありません。
やると決めたら優先事項を明確にし、失敗なく行いたいものです。
特に、体が不自由になり車椅子で生活をすることになれば、今までと生活の仕方が大きく変わります。
通路の幅やキッチンの流し台の高さの変更、浴室の使い勝手など、自分だけでリフォームを進めるのは、情報が不足するので、業者のアドバイスをよく聞きながら計画を立てる必要があります。

車椅子生活に適した空間
車椅子で生活をするとなるとこれまでの生活とは違い色々な面で配慮しなければならないことが出てきます。
車椅子は、健常者が立って歩くよりも幅を取るので通路や廊下、玄関など、室内全ての空間を広めに取る必要があります。
もし以前と同じ間取りで車椅子が通行出来ないなら、部屋と部屋の間の壁を取り除いて一部屋にしてしまうことや、個室だったトイレと隣の洗面所の壁を取り去り、浴室まで一続きにするなど車椅子が自由に通行できるスペースを確保する必要があります。
スペース確保は言うまでもありませんが、その他に注意することは居住空間に出来るだけ段差を取り除くことも必要になります。
段差解消には簡易スロープの設置がありますが、床面のリフォームが可能ならフロア全体の高さを同じにする工事をする方が快適に暮らせます。

車椅子に合う床材とは
床材ですが、どんな床材でも車椅子の通行は可能ですが、トイレや浴室前で立ち上がるような動きを考慮すると、足もとが滑りにくい床材が望ましいと言えます。
滑りにくい床材は、木や竹を素材としたフローリングです。
フローリングは床面が固いので車輪の通行がしやすく、掃除も手軽に出来ます。
車椅子に対応した滑りにくく、ワックスがけが不要なタイプも開発されており、冬場の冷え対策で床暖房を設置することも一緒に考えると効率的なリフォームが実現します。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ