元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム
バリアフリー リフォーム > バリアフリーのリフォームする前に > 老後の生活創造のためのリフォーム

老後の生活創造のためのリフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


老後の生活創造のためのリフォーム
シニア生活に対応するためのリフォームで、室内の段差を取り除いたり、手すりをつける、床材を衛生的で滑りにくい材質のものに張り替えるといった工事のことをバリアフリーリフォームといいます。
バリアフリーリフォームは、高齢になり動きづらくなった体でも対応できるように室内を設計変更することですが、体が多少不自由になっても毎日が快適に暮らせるような生活を創造したいものです。
例えば、定年退職後は時間に余裕が出来るので、働いている間は出来なかった趣味に時間を費やすことが出来る様になります。
バリアフリーリフォームで壁を取り除き、広くなった部屋で思う存分ピアノを弾いてみる生活も出来ます。
バリアフリーリフォームを行う時は、新しい生活を始めるチャンスと捉えて取り組めば、充実した老後を送ることが出来る様になります。

老後にチャレンジしたいことは
民間保険会社の調査によると、老後にやりたいことの第1位は旅行、そしてスポーツ、楽器演奏、手芸・工作、絵画、ガーデニング、インターネットと続いています。
家で新しい趣味にチャレンジする時、楽器演奏でも工芸でもある程度のスペースが必要となります。
退職してすぐに旅行に出る人も沢山いますが、健康状態に問題がなければ、早めにバリアフリーリフォームを行い、その時に趣味に使えるスペースをとっておくのも悪くありません。
バリアフリーリフォームで、不要な壁を取り除き一部屋を大きくして、健康な間はそのスペースで趣味を充分に楽しみます。
そして体が不自由になって趣味を続けることが難しくなってきたらそのスペースの模様替えをして、介護用のベットを置くことも出来ます。
このようにして考えると、バリアフリーリフォームを元気な間に行って、最初は自分のフリースペースとして使えば大変有意義な暮らしが出来るのではないでしょうか。
屋内だけでなく、ガーデニングを楽しみたいなら庭をバリアフリーに変更する造園工事も必要になります。
車が2台停められるスペースを1台分に減らし、空いたスペースに畑をつくり野菜を育てるのも楽しいですし、土の庭だと雑草処理が面倒ならコンクリート地面にして、ポットで季節の花を栽培し、フラワーコーディネートを楽しむことも出来ます。
バリアフリーリフォームとは、このように今よりもさらに心豊かな生活が楽しめるような工夫が出来る魅力的なものなのです。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ