元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

玄関をバリアフリーにリフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


玄関ではあらゆる場面を想定したバリアフリー措置が大切
家の入口として重要な役割を果たしている「玄関」は家族が出かける時や帰ってきた時、さらにはお客さんが訪ねてきた時などの様々な場面が想定される場所です。
また、家族の中やよく訪れる客人達の中に高齢者や障害者の方がいた場合、その人達が安全に家に入る事が出来るのかも玄関に掛かっています。
つまり、玄関は「家族・来客者が家に入る為の入口」としてしっかりとした設備が整えられなければなりません。
その中の一つとして挙げられるのが、「バリアフリーリフォームなどで取り付ける事が出来る手すりなどの設備」です。
ではこれから、玄関を良くしていく為に行われるバリアフリー化の詳細について説明をする事にしましょう。

玄関をバリアフリーにリフォームする時のポイント
この場所を最高のバリアフリー仕様にリフォームする際に重要なポイントとなるのは、玄関に必ずと言って良い程存在している「上がり框」という部分が生み出す段差を無くしていく事です。
その為の手っ取り早い手段となるのはもちろん「上がり框そのもの」を無くす事で、この措置を行うだけでも玄関は大きくバリアフリー化に近づきます。
また、玄関の床も素材を滑りにくい種類の物に変える事でバリアフリー化する事ができ、足元に照明も設置するとさらに安全度は上昇していくのでとてもおススメです。
もちろん家の他の場所でのバリアフリーリフォームでもよく行われている「手すりやベンチの設置」なども、この玄関という場所を「より安全に家に入れる場所」にする事に役立ちます。

この記事のまとめ
以上が家の入口である玄関をバリアフリーにリフォームする際に役立つ主なポイントで、この他にも細かいポイントは幾つかありますが、上記で挙げたポイントは確実にチェックしておくとより安心です。
玄関は人と人とのコミュニケーションを後押ししてくれる重要な場所なので、この場所はぜひどんな人が来ても大丈夫なように安全には気を配りたいですね。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ