元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

減築リフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


減築リフォームとは
今住んでいる家を、老後に備えてより快適に暮らしやすくするために家の工事をすることがあります。
この工事の内容は、例えば階段、廊下に手すりをつけるといったことから、浴室と脱衣所の段差をとることや、浴槽に入りやすくするために高さを調節するなどがあります。
火事を防ぐ為に、ガスを使うことをやめてオール電化にすることもあります。
このように体の自由が効かなくなる老後にあわせてリフォームを行うことをバリアフリーリフォームといいます。
このバリアフリーリフォームの中には、これまで一緒に暮らした子供達が独立し不要になった2階の子供部屋を無くしてしまうといった間取りを減らす改装も含まれています。
このようなリフォームのことを減築リフォームといいます。

減築リフォームをする目的
減築リフォームは、一緒に済む家族の人数が減って、使わない部屋が増えた時、空間をより便利に使うために行います。
同居する人数が多かった時は、その人数に応じてプライバシーに配慮し、壁をたくさん作ってそれぞれの部屋を作ることを優先しますが、その家族が独立した後は、残された家族が、年をとっても不自由なく暮らせるよう、今度はできるだけ壁を取り去り、段差をなくして広い部屋を作ります。
部屋や通路を広めに取ることや入口のドアを引き戸タイプにするといったリフォームは、車椅子が自由に通行できる為に必要になります。
減築リフォームには、階段が上れなくなるので利用できなくなる2階を思い切ってなくしてしまうことも含まれます。
使わない2階を残したままにしておくと、掃除も出来ず不衛生ですし、2階から空き巣が侵入するなど防犯上も安全とは言えないからです。
減築リフォームを行う時は、家族の人数とこれから必要になる設備を優先して間取りを変更することが必要になります。

減築リフォームか改築か
ここで問題になるのは、大規模な減築リフォームを行う費用と家を建て替える改築のどちらを選ぶかということです。
建物の骨組みを残して改装するよりも、家を取り壊し新しく建て直した方が費用が安くなることも多いので、バリアフリーリフォームを検討する時は、両方の見積りをとって決めた方が良いでしょう。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ