元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム
バリアフリー リフォーム > バリアフリーにリフォームする箇所 > 水回りをバリアフリーにリフォーム

水回りをバリアフリーにリフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


水回りの基礎知識とそこに潜む危険について
水回りとは、簡単に言うと「家の中で水を使う行為をする場所の総称」の事で、具体的にはキッチンやトイレ、風呂場や洗面所などの事を指しています。
これらの場所は、私達が日常生活を送っていくうえで密接に関わってくるとても大事な場所であり、当然ながらこれらの場所がなければまともな日常生活が送れなくなっていくのです。
しかしその一方で、この水回りという場所には「ある危険」潜んでいて、それにより高齢者や障害者の方を中心としてよく「転倒による事故」が多発しているという現状があります。
この事故を起こしている原因となっている「ある危険」とは、ずばり水回りの場所の床が水で濡れている事なのです。
この原因により、主に高齢者や障害者などを中心とした様々な人達が足を滑らせて転倒してしまう事故が多発しているのです。

水回りでの転倒問題を解決するには?
この重大な問題を解決する為に非常に効果的な行為は、「水回りをバリアフリーにリフォームする」事です。
具体的な一例としては、水回りの場所の床を水で濡れていても滑りにくい素材を使った床にする事が挙げられます。
また、壁などに手すりを付ける事で転倒しそうになっても転倒を防げるようにするなどの措置も水回りのバリアフリー化に効果的です。
尚同じ水回りの場所とは言っても、キッチンでは「ゆとりがあって使いやすく」、トイレでは「さわやかで動きやすい空間にしたい」など細かい場所によってどのような措置が必要かはまったく違ってきます。
水回りをバリアフリーにリフォームする時は、この事についてもしっかりとよく考えて判断をするようにしましょう。

この記事のまとめ
このように水回りには主に「転倒による事故」の危険が潜んでおり、この危険を回避するのに効果的なのは上記に挙げたような「床の素材を変える」事と「手すりなどの転倒防止用設備を設置する」事となるのです。
皆さんもぜひ、上記に挙げた水回りの安全度を上げる為のリフォームを行う事を検討してみてください。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ