元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

廊下をバリアフリーにリフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


家の通り道である廊下も気を配る事が大切
廊下は、家の中にある通り道として家族の誰もが通る場所である為、この場所にも「この場所なりの気配り」をする事が大切になります。
何せ「家族の誰もが通る場所」なのですから、高齢者や車いすに乗っている人などがいる家庭ではより一層気を付ける事が大切です。
さらに、実はこの廊下には人が通るだけの場所というだけではなく、家の各部屋に独立性を与える事が出来るという機能もあり、その事についてもよく考えないとリフォームする時などに困ってしまいます。
このようなトラブルを回避する為にも、廊下をバリアフリーにリフォームする際には先の事なども考えながら行うようにしましょう。

廊下をバリアフリーにリフォームする時のポイント
まず廊下をバリアフリー化する時に重要になってくるポイントは、「廊下と部屋の境目には段差がないようにする事」です。
何故かと言うと、人間は歳を重ねていくと足が上がりにくくなり歩き方が変わってしまう為、ほんの小さな段差でも転倒事故に繋がってしまう可能性があるからなのです。
次に、「廊下に転倒事故を防止する為の手すりも設置する」事も考えておくと良いでしょう。
上記にも書いた通り高齢者は若い人達が思っている以上に歩くのが大変なので、廊下に手すりをつけるだけでも安全度は飛躍的に増します。
他にも、「夜廊下を歩く時の事を想定して廊下の足元の部分に照明を設置する」とか「将来車椅子に乗る事を想定して廊下の幅を広くする」などの措置も大切な事です。
以上のような措置の数々を施しておけば、将来も自宅で快適に過ごしていく事が出来る事でしょう。

この記事のまとめ
以上の事から、廊下という場所は私達が思っている以上にとても大切な場所であり、この場所をバリアフリーにリフォームする時もしっかりとポイントを押さえる事が大事だという事が分かります。
皆さんも将来の事を考えて、今の内に廊下のバリアフリー化を出来る限り行っておくと良いでしょう。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ