元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム
バリアフリー リフォーム > バリアフリーのリフォームする前に > 住宅や設備も長生きさせるためのリフォーム

住宅や設備も長生きさせるためのリフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


バリアフリーリフォーム計画の立て方
年齢と共に体が不自由になるのを考えて、元気な間にバリアフリーリフォームをやりたいと思ってもどこから始めればよいかわからないことがあります。
老後に備えた自宅のリフォームの成功の秘訣は何でしょうか。
バリアフリーと一言で言っても、その中身は各家庭内において違いがあります。
一般的にバリアフリーリフォームで多いものは、不自由な足腰でも入りやすい浴槽、浴室のリフォーム、車椅子でも入りやすいトイレの改修が考えられます。
水廻りのリフォームを中心に、歩行器や車椅子が楽に通行できるようなスペースを確保すること、段差をなくし、必要に応じて手すりをつけることがバリアフリーリフォームの基本ですが、この時に家全体を見直し、故障している箇所や老朽化した設備、屋根や外壁の張替えなども併せて修理を行うことで住宅や設備も長生きさせることが出来ます。

家を長生きさせる為に
マンション住まいだと管理組合が施設の老朽化に対応した修繕計画を立てますが、一戸建て住宅の場合は、築年数に伴い設備の老朽化が進んできてもその変化に気づきにくいことが多くなります。
そして屋根や外壁の改修などは、築数十年で行う必要があるとわかっていても費用もかかることだし、今、大丈夫だからと先延ばしにしていると、思わぬ事故が発生してしまう恐れがあります。
一戸建て住宅のメンテナンスは自分で計画を立てて資金も準備しなければなりません。
家は建てるのは確かに高額ですが、1度建てたらそれっきりと言う訳にはいきません。
年数がたち自分達も年をとれば、その状態にあわせて間取りを変更することや、家全体のメンテナンスを行うことが必要だということは忘れてはいけません。

リフォームをいつ行うか
一戸建てでは、このように設備の老朽化に対応するリフォームと自立した生活を長く続けるためのバリアフリーリフォームの2種類がありますが、ある程度の期間内で両方とも済ますことが出来れば費用の節約も可能になります。
またリフォームを行う順番も考えて行うと、昨年張り替えた壁紙なのに、バリアフリーリフォームで壁を取り除くことになったというようなムダを未然に防ぐことが出来ます。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ