元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム
バリアフリー リフォーム > バリアフリーのリフォームする前に > 介護とバリアフリーリフォームの補助金・助成金

介護とバリアフリーリフォームの補助金・助成金

人気ランキングはこちら≫≫≫


バリアフリーリフォームを行う時に補助金・助成金は出る?
現在、国では家のバリアフリー化を推奨しており、介護施設ではなく、在宅でお年寄りや体の不自由な方が暮らせるように働きかけています。
勿論、働きかけているからには補助金・助成金が国から出ます。
自宅でバリアフリーリフォームを行う際、介護保険の「要支援」「要介護」と認定されている方、若しくは身体障碍者手帳を交付されている方がご家族内にいらっしゃる場合に補助金・助成金が出る可能性があります。
助成額は、世帯主の所得やバリアフリーリフォームを行う箇所にも寄るのですが、限度額は100万程度と思って良いでしょう。
詳しい話を聞きたい場合は、区役所・市役所等の福祉担当課に問い合わせれば、担当の職員からの説明がある筈です。

バリアフリーリフォームの仕方・補助金、助成金の受け方
バリアフリーリフォームを行う場合、どこをどう改修したら良いか迷うと思います。
素人目で闇雲に工事しても上手くいく筈はありません。
リハビリの専門職である作業療法士に、バリアフリーが必要なご家族に必要な設備などをきちんと聞く事が重要です。
結構見落としがちなのが「床材の変更」です。
フローリングは滑りやすく、転倒の危険性が高まりますので、滑りにくい材質に変更したり、よりクッション性の高い物にするなど、検討が必要です。
また手すりなどは高さ・長さもありますので、その辺もきちんと聞いた方が良いでしょう。
また、建築士にもきちんとお話をし、どこをどう言う風にしたいのかを伝えると良いでしょう。
理想は、作業療法士と建築士、それとご家族との3者・4者で話し合いの場をきちんと設ける事です。
そうする事で、各々が又聞きの無いような話し合いが出来、その結果理想のバリアフリーリフォームを行う事が出来ます。
また、補助金・助成金を受ける際には、上述の通り役所の福祉担当課と直接話をするのが一番手っ取り早いでしょう。
国が推奨している計画ですから、話し合いもスムーズにいく筈です。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ