元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

ホームエレベーターの設置

人気ランキングはこちら≫≫≫


ホームエレベーターのメリット
自宅にもエレベーターを取り付けたいというニーズが高まり、家に設置するエレベーターの販売を手掛けるメーカーが増えています。
まだまだ販売台数は少ないものの、ホームエレベーターの大きさや運転方式など予算、使い勝手に合わせてその種類も増えています。
ホームエレベーターを設置するのは、高齢で脚が不自由になり家の階段が上り下り出来なくなった時などにその必要が出てきます。
最近は3階建ての家も増えており、エレベーターがあればどの部屋にも移動が可能になるので快適な暮らしを続けることが出来ます。

設置費用や届出について
ホームエレベーターは、介助者が同乗出来るものなら、2人乗りで1畳位の広さが必要になります。
3人乗りなら1坪弱の大きさになります。
ホームエレベーターを取り付ける費用の相場は300万~500万円です。
エレベーターの取り付け場所によっては確認申請が必要になります。
屋外に設置し、その面積が10㎡以上になるなら増築工事の確認申請が必要です。
但し、防火・準防火指定地域では申請が必要となっています。
屋内に取り付ける場合で、建物の柱や梁といった建物の主要部分を大幅に変更しない場合は、施行業者によるエレベーター確認申請の手続きだけでOKです。
設置以外に発生する維持費用では、ひと月の電気代が1日20回運転させたとすると約500円です。
エレベーターは法定点検を受けることが義務付けられており、その費用やそれに伴うメンテナンス費用が別途発生します。
点検回数はエレベーターの1日30回未満、30回以上の使用回数により、年1回か2回に分かれています。
エレベーターを購入したメーカーに依頼して点検を受けるのが一般的で、費用はおよそ5万円程度、修理の部品代は別料金となります。

ホームエレベーターでフロアフリーの生活
1戸立て住宅を購入する時、老後の生活も考えて間取りを工夫する必要があります。
敷地が狭く3階建ての家しか建てられない時、ホームエレベーターを取り付けることを想定した間取り考慮して間取りを考えておけば、必要になった時エレベーターの取り付けがし易くなります。
国土の狭い日本で一戸建て住宅に長く快適に住む為に、今後ホームエレベーターの利用が増えていくことでしょう

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ