元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム
バリアフリー リフォーム > バリアフリーのリフォームする前に > ヒートショックを予防するリフォーム

ヒートショックを予防するリフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


ヒートショックとは
家のリフォームの1つにヒートショック対策があります。
ヒートショックとは、風呂場やトイレで主に起こります。
これらの場所は、冬場に暖房をしておらず常に気温が低い状態となっています。
ヒーターをつけている温かいリビングから風呂に入る為に、暖房のない洗面所や脱衣所に移動すると、体が急な気温の変化に対応しようとして毛細血管が収縮し血圧が上がります。
次に風呂場に入り、熱い湯につかると交感神経が働きさらに血圧が上昇します。
しばらくお湯に浸かって体が温まると血管が拡張し、血圧が下がります。
風呂から上がり寒い脱衣所に戻ると再び毛細血管が収縮して、体の熱が逃げないようにするため血圧が再び上昇します。
このように短い時間内で血圧が急激に上がったり下がったりを繰り返すと心筋梗塞や脳出血、脳梗塞を起こし突然死に至ることがあります。

ヒートショックにかかりやすいタイプ
およそ14,000人が、毎年入浴中に亡くなると言われています。
ヒートショックにかかるのは主に高齢者ですが、それだけではなく高血圧症や糖尿病の持病がある人、動脈硬化のある人もリスクが高くなります。
また太り気味の人、睡眠時無呼吸症候群、不整脈を持つ人も要注意です。
お酒を飲んですぐに風呂に入るのもよくありません。
築年数のたった一戸建て住宅では、風呂場が北向きに設置されている場合が多く、暖房設備もないことから家の中でも気温が一段と低くなります。
いつも「一番風呂」の人は、特に注意が必要です。

ヒートショックを予防するリフォーム
ヒートショックの第一の予防策は、室内の温度に差を作らないことです。
洗面所や脱衣場には、オイルヒーターなどの暖房器具を使って入浴前に温めておきます。
風呂のフタを開けておくと、浴室内が湯気で温まりヒートショックの予防が出来ます。
リフォームをする時は、浴室暖房を設置し、トイレは暖房便座に交換します。
冬の朝は寒いので、起床前にタイマーで床下暖房を作動させておくのもお勧めです。
ヒートショック対策は、バリアフリーリフォームに欠かせないメニューの1つです。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ