元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム
バリアフリー リフォーム > バリアフリーのリフォームする前に > バリアフリーリフォームによる減税

バリアフリーリフォームによる減税

人気ランキングはこちら≫≫≫


バリアフリーリフォームを行う事による減税とは
住宅ローンを組んだ経験のある方なら一度は見聞きした事があるかと思いますが、バリアフリーリフォームを行うと減税制度があります。
減税制度の正式名称は「住宅特定改修特別税額控除」と言う難しい物ですが、要するにある方がバリアフリーリフォームを行って、そこにリフォームを行った本人と、バリアフリーが必要な要介護認定者が一緒に住む場合、所得税の一部が減額されますよ、と言う内容です。
これは国税庁のホームページに詳しく記載されていますが、非常に難しく、自分がその条件に当てはまっているのかどうかが全く分からないかと思います。
詳しくは、国税庁に直接問い合わせるか、区役所・市役所の担当に聞くと良いでしょう。

バリアフリーリフォームの減税はどれぐらいか
では減税と言ってもどれぐらいなのか、と言う疑問があると思います。
この「控除額」は、バリアフリーリフォームにかかった費用(最大200万円まで認められます)の10%になります。
要するに、300万かかっても400万かかっても、200万円分しか計算に入れる事が出来ません。
その最大10%控除すると言う事は、最大20万円分の減税が認められる、と言う事です。
当然「減税」と言う事は「納めた税金が戻って来る」と言う意味なので、所得税が20万以下の場合は、最大が納めた所得税の額、と言う事になります。
所得税額は、サラリーマンの方なら年末調整時に源泉徴収票に書かれている額です。

とにかく相談してみよう
色々自分で調べようとしても、出てくるのは難しい言葉と長々しい文章だけです。
それを全て自分の力で理解しようとせず、バリアフリーリフォームで減税待遇を受けたいと考えているなら、素直に役所に聞く事をお勧めします。
直接聞くと分かる事が遥かに多いですし、役所の担当者はその道のプロですから、説明も過不足なくしてくれるでしょう。
減税や還付金などは非常に難しくとっつきづらいですが、一旦分かってしまえば簡単なものです。
国が推奨する事で、国から減税制度を受けるのですから、その説明も国から聞いた方が良いでしょう。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ