元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

バリアフリーはなぜ必要か

人気ランキングはこちら≫≫≫


バリアフリーが必要な理由とは
バリアフリーと言う言葉が生まれて久しいですが、「何故バリアフリーが必要か」と言う点は、皆さん何となく理解しているかと思います。
自分がお年寄りになった時、若しくは足が麻痺して動かなくなったりして、車いす生活を余儀なくされた時を想像してみると分かります。
歩く事や立ち上がる事すら大変になる為、そこに「障壁」となる段差などがあった場合、転んでしまう確率が高くなります。
また、健康な人なら転ぶ際に咄嗟に手が出て身体を庇う事が出来ますが、歳を取ったり体が不自由になると、その手が出なくなります。
結果受け身が取れなくなって、頭を強打したり骨盤骨折など、普通なら考えられないような大けがをする事も少なくありません。
そのような「加齢などで予測できる弊害は、前以て防ごう」と言う趣旨の基、バリアフリーは進められてきています。
バリアフリーは、「お年寄りや体の不自由な方の安全・快適な生活を守る」と言う理由があるのです。

バリアフリーの「隠された必要性」
バリアフリーの必要性については上述の通りですが、それが全てではありません。
実はお年寄りにしか分からない、「あまり周りには言いたくない理由」もあるのです。
それは「生理現象」にあります。
加齢が進むと、膀胱の容量が減り、必然的にトイレの回数が多くなるのです。
その為、「リビング」「自室」「トイレ」への行き来が多くなる為、その導線に段差があれば、一日に何度もその場所を通る事になり、転倒のリスクも当然高まる訳です。
また、トイレで用を足してから立ち上がる際も、足腰に負担がかかります。
普通の人でも一日5回~6回はトイレに行くところ、お年寄りの方はその倍程度の回数になると言われています。
そうすると、トイレから立ち上がる際の負担も倍の回数かかる事になります。
トイレに手すりが必要になるのは、勿論足腰が弱くなる事自体が主な要因でもあるのですが、その回数が生理的に増えてしまう事も隠れた理由であり、当事者があまり言いたがらない事でもあるのです。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ