元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム
バリアフリー リフォーム > バリアフリーのリフォームする前に > バリアフリーのリフォームってどんなのがあるの?

バリアフリーのリフォームってどんなのがあるの?

人気ランキングはこちら≫≫≫


バリアフリーリフォームとは
バリアフリーリフォームは、高齢になり体が不自由になって、生活が困難になって来た時に、設備を新しくつけることで少しでも長く自立した生活が送れることを目指して行います。
バリアフリーリフォームといっても、手すりをつけるだけ、段差をなくすプレートを置くだけといった簡単なものから、家全体を改築してしまう規模のものまで様々です。
バリアフリーリフォームをする時は、居住者本人の現在の健康状態と今後必要になる設備を考えながら計画をたてて実施します。
代表的なリフォームは、風呂、トイレ、キッチンといった水廻りのリフォームです。
風呂は特に毎日不自由なく使えることと、事故のリスクを考えて改修を行う必要があります。
トイレやキッチンは手足が不自由になり車椅子の生活になることなどを想定して、高さを調節したり手すりをつける工事を行います。

家全体で見たリフォーム
家全体でリフォームを考えたときに共通することは、手すりの設置と段差の解消です。
手すりは、洋式トイレから立ち上がる時に必要になりますし、階段に手すりをつけると落下防止になります。
玄関は特に段差が大きく、道から玄関ドアに至るまでが階段であればスロープに、玄関から家に上がるには手すりが必要になります。
一戸建て住宅では特に段差が多い設計になっているため、事故のない設備を整えることが大切です。

家の部位別リフォーム
室内の場所別に見たリフォーム例を考えて見ましょう。
トイレは和式から洋式に変更し、便器のそばには支えとなる手すりを設置します。
出入り口は開閉ドアよりも引き戸タイプの方が安全で使い勝手がよくなります。
介助者の同行が必要になれば、トイレはある程度の広さが必要になりますが、場所がとれない時は脱衣所や洗面室と同じスペース内に設置します。
キッチンは、車椅子でも利用出来るように流し台、調理台の高さの変更、収納に無駄のない動線が確保できること、高さを調節すること、火を使わないIHクッキングヒーターに変更すること、床が掃除し易い材質ですべりにくいものにするなどが考えられます。

リフォームの内容は、予算と優先順位を決めて行うようにします。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ