元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム
バリアフリー リフォーム > バリアフリーにリフォームする箇所 > エクステリアをバリアフリーにリフォーム

エクステリアをバリアフリーにリフォーム

人気ランキングはこちら≫≫≫


エクステリアの基礎知識
エクステリアとは「外部、外面、外観」といった意味を表している言葉で、同時に住宅の外回りにある様々な設備の事を指している言葉でもあります。
この外観設備の例として挙げられる物は、家の敷地の周りを囲うフェンスや門扉などが代表的です。
日本では昔の時代から、家の周りを囲う事で不振な人物などが侵入する事を防ぐ習慣がありました。
時代が進んでくると、侵入者が入ってくる事を防ぐ為だけではなく、ある種の権威として家の周りを頑丈なフェンスなどで囲う事が人々の憧れになったのです。
そして現代では、基本的にどの家でもフェンスや門扉で家の敷地を囲う事が可能になった為、需要と共に見た目のバリエーションなども多様化する事になりました。
つまり今の時代、このフェンスや門扉の事を指した総称である「エクステリア」も、住宅の顔として大切な要素の内一つとなったのです。

エクステリアをバリアフリーにリフォームする時のポイント
「住宅の顔」として色々なデザインが開発されているエクステリアですが、最近では見た目のデザインだけではなくバリアフリー化にも力が入れられています。
高齢者などが増加し続けているこの現代においては、このような外観設備のバリアフリーにリフォームする事もとても大切な事なのです。
ではどうやってこの場所をバリアフリーにリフォームするのかというと、まず工事の対象となる部分は階段や手すり、照明などとなります。
どんな工事を行うのかですが、階段はスロープにする事でつまずいて転倒する事を防ぎ、手すりを付ける事で転倒による事故の発生率を減らしたりしていくのです。

この記事のまとめ
このように家の内側だけではなく外観の方にも、高齢者などの人達が安心して利用できるようにする為の工事が必要になったりします。
普通の人から見れば、「別に障害には感じない」と思われている場所でも、高齢者を始めとした人達には危険な障害になり得るのです。
皆さんも一度自分の家の外観設備をよく見て、出来る箇所はバリアフリーにしていくようにしましょう。

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ