元リフォーム業者のプロが教える中古マンションのリフォーム

リショップナビ

https://rehome-navi.com/

見積もりを依頼する前に価格を確認できるので事前に安心してから問い合わせができます。 各社のリフォーム事例も見れるので出来上がりのイメージもつきやすいですよ!

リショップナビ

HOME’Sリフォーム

http://reform.homes.co.jp/

リフォーム会社の比較ならホームズ!無料で複数の会社に一括見積り比較できます。
「地域」「こだわりテーマ」「場所・箇所」「価格帯」「総面積」から絞り込み、リフォーム事例も探せます。

HOME’Sリフォーム

ホームプロ

http://www.homepro.jp/

800社のリフォーム業者から比較検討。 リフォームが思い通りにならなかった、リフォーム会社選びに失敗した、とならないためにはホームプロを利用しましょう。

ホームプロ

■ バリアフリーのリフォームが必要になる時って?
バリアフリーと言う言葉は聞いた事があると思います。 段差や障壁の無い導線の事で、今は分譲マンションにもこの考え方が浸透するまでになりました。 しかし昔建てられた一軒家には、当然このような概念は無かったはずです。 実際に、バリアフリーリフォームが必要になる時期はいつなのでしょうか。 それは「日常生活に負担を感じる前」の方が良いでしょう。 例えば、リビングから廊下へ出る為のちょっとした段差が、前から気になっていたとします。 「気になっていた」と言う事は「邪魔に思っている」と言う事です。 ここで既に「障壁」と認識している訳です。 これを「別に転びもしないし、まだリフォームは後で大丈夫」と思っている内に、躓いて転んで骨折、と言う事故は本当にたくさんあるのです。 もし生活している上で「邪魔」「生活しにくい」と感じたのであれば、その時がバリアフリーリフォームをするタイミングです。

■ バリアフリーリフォームのメリット
バリアフリーリフォームをするメリットと言えば、何と言っても「車いす生活になっても全く支障が無い」と言う事でしょう。 車いすまでいかなくても、足腰が弱くなって段差がきつく感じたり、トイレや浴室など、「ここに手すりをつけたら楽に立ち上がれるのに…」と感じる部分に手すりをつけるようなリフォームをする事も可能です。 まだまだ若いと思っていた自分達が、世間一般的に「お年寄り」となってしまった時に、タイムラグ無くバリアフリー生活に移る事が出来ます。 また、二世帯住宅にして自分達の親と同居を考える際には、親がバリアフリーでないと住みづらいと言う事が多々あります。 自分達が良くても同居する親が辛い。 若しくは、まだまだ自分達は若いつもりでいても、実は相応に歳を取っていて、バリアフリー生活の方が非常に楽である。 このように、バリアフリーリフォームを行う事によって得られるメリットはたくさんあります。 今では考えられないけれど、「こう言う部分が不便だ」と思う事が、自分達にも突然降りかかってきます。 バリアフリーリフォームは、その「不便」を解消してくれるのです。